ブログを目的別に使い分けていますか?:ネットで稼ぐ方法とコツ【アフィリエイト日記ブログ】

ブログを目的別に使い分けていますか?



おはこんば〜♪
なべつぐです。



ブログには、さまざまなメリットがあります。


中にはHTMLサイトを薦めているノウハウもありますが、
ブログといっても、さまざまなタイプと役割があります。


これを理解して目的に応じたブログを作っていくことが大切ですが、
結構これができていない人が少なくありません。


とても「中途半端な」ブログになっている例も多いです。


大きく分けても、4種類の目的別のブログに分けられます。


1.マイブログ

2.アフィリエイトブログ

3.アドセンスブログ

4.サテライトブログ



1つ目のマイブログ


これは、読んで字のごとく、自分のメインブログにことです。

毎日のように更新して、コメント回りも行い
他者との交流の窓口にもなるブログです。

ときには、情報商材などの紹介も行ったりすれば、
キャッシュポイントのひとつになります。

はじめは、やることが多いように思えますが、
慣れたらどんどんスピードアップできます。


2.アフィリエイトブログ

3.アドセンスブログ

これは、ブログがキャッシュポイントになります。
収入の入り口としての役目をもったブログです。


そして、

4.サテライトブログ

1〜3のブログに、リンクを供給するためのブログですね。


これを軽く見てはいけません!

やはり、コンテンツ重視で作っていくべきです。

「検索エンジン」を意識しながら




ところで、毎日の記事ネタをどうしていますか?



ノウハウは分かっても、
結局は、記事だけは、自分で書く必要があります。



しかも、属性(記事カテゴリー)に合った内容の記事だと
バックリンクの効果が高くなります。


これが結構大変だという人もあるんですね。


すでにやっている人があるかもしれませんが、
私が使っているサービスがあります。


これです。

 http://123direct.info/tracking/af/16892/ZIcDIFR6/



記事の内容は、一級品と言っていいほど充実しています。


何よりも、著作権を気にしなくていいので、
自分の好きなように使えます。


アドセンスを貼るサイトには使えませんが、
バックリンク用のブログなら全く問題ありません。

アドセンス以外の物販アフィリエイトサイトでも、大丈夫です。



・オリジナル文章が毎月1000記事

・1記事あたり600文字

・600×1000=60万文字

・月々わずか1940円


1000記事もあれば、

1ブログ10記事としても、1ヶ月分だけでも100ブログ作れます。

1ブログ作るのに、20円かかりません!


もしよかったら、お試しください。



 http://123direct.info/tracking/af/16892/ZIcDIFR6/


 ありえない安さのため、アクセスが集中しているようですが
 しばらく待てば繋がります。




記事・文章作成

プロフィール

管理人の画像

名前:なべつぐ(渡辺次男)
性別:男性
職業:自営業
一言:メールマガジンの「なべつぐメルマガ【ネット活用ガイド&テクニック】のバックナンバーを中心に掲載しています。

(例:山田)
(例:花子)
mail
確認
なべつぐメルマガ【ネット活用ガイド&テクニック】(←詳細はこちらをクリック)インターネットを活用するためのツボとコツをご紹介します。購読者にはもれなく特典のプレゼントもあります。

ここに200から300文字程度の文章を書く

情報商材レビューサイト【評価・口コミ・暴露・感想・比較・検証】

ここに文章を書く

キーワード

記事検索


WWW を検索
ブログ内を検索
サブコンテンツ
このウィンドウは一度閉じると二度と表示しません。[閉じる]
元手0円で5,000円の副収入を得る方法
私が実際にたいして時間もかけずに、一切の投資なしで
ネットで5,000円を稼いだ方法をお伝えいたします。

もちろん、これを利用すれば1万円、2万円と更に稼ぐことは
それほど難しいことではありません。

この無料レポートでは、ネット初心者の方でもパソコンさえあれば、
ネットで5,000円稼ぐことができる方法を解説しています。
時間にして約1時間ほどいただければ、結構です。

有料の情報商材の内容を無料で提供していますので、
ご興味のある方は、この機会にご請求ください。

*『なべつぐメルマガ【ネット活用ガイド&テクニック】』
独自メールマガジンに自動登録されます。
お名前
メールアドレス
メールアドレス確認
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。