はたして、そんな情報を買う人がいるのか?:ネットで稼ぐ方法とコツ【アフィリエイト日記ブログ】

はたして、そんな情報を買う人がいるのか?



おはこんば〜♪
なべつぐです。



まず第一番にするべきことは、開発しようと考えている情報商材に
需要があるかを確かめることです。


つまり、それを買う人がいるか ということを事前に知ることです。


もしも需要がないのなら、商材の開発に時間と労力を投入する理由
はありません。


売れないものを作るだけ、時間と能力の無駄になってしまいます。

では、事前にチェックするのは、どうしたらいいのでしょう。


昨日も話しましたが、需要をチェックするのに最適の方法は、
企画中の情報商材に関係のありそうな人たちが集まるブロ
グやフォーラムで、そのようなトピックがあるかを調べることです。


メルマガ、紙の新聞・雑誌をチェックし、関心を持ってもらえる、
すなわちその情報商材にニーズがあるか、を確かめます。


このときに注意することがあります。

それは、「あなたが企画しているような情報商材が欲しい」という
書き込みを探し求めてはいけないことです。

情報商材のトピックは少なくともある一つの市場、またはニッチな
領域全般に受け入れられねばならないからです。

あなたが企画しようとしているトピック=売れるトピック

ではないということです。


次に、実際にお金を払ってくれる人がどれくらいいるかを見極める
ことが必要です。

もしも、あなたの情報商材だけが入手可能だという状況だとしたら、
たとえ、それにお金を払う人がいることが間違いなくても、大多数の
人は買ってくれません。


昨日までに話したように、提供しようという情報はタイムリーで的確
でなければなりません。


お金を払ってもらえるのは、まさに旬の情報なのです。

企画中の情報商材に含まれる情報は、「購入者を気分よくさせ」、
「カッコ良くみせ」、「お金をもうけさせ」、「楽しませ」、「抱えている問題を解決する」
のに役立つものでなければいけません。


しかも、そのトピックが旬であること。

これらが揃って、初めて「売れる商材」になります。


特に「お金儲け系」の場合は、「需要のあるものをタイムリーに出す」ことが
必要です。

ただし、一時的な収入はあっても長続きしないということも覚えておいてください。

一方で、「悩み解決系」の場合は、常に需要はありますから、継続収入が可能です。

しかも、あまり市場に出ていない、ニッチなジャンルで企画を立てると、効果が高い
と考えていいです。


もしそうでないなら、思い切って、別のトピックを探すべきです。





情報起業・情報販売

プロフィール

管理人の画像

名前:なべつぐ(渡辺次男)
性別:男性
職業:自営業
一言:メールマガジンの「なべつぐメルマガ【ネット活用ガイド&テクニック】のバックナンバーを中心に掲載しています。

(例:山田)
(例:花子)
mail
確認
なべつぐメルマガ【ネット活用ガイド&テクニック】(←詳細はこちらをクリック)インターネットを活用するためのツボとコツをご紹介します。購読者にはもれなく特典のプレゼントもあります。

ここに200から300文字程度の文章を書く

情報商材レビューサイト【評価・口コミ・暴露・感想・比較・検証】

ここに文章を書く

キーワード

記事検索


WWW を検索
ブログ内を検索
サブコンテンツ
このウィンドウは一度閉じると二度と表示しません。[閉じる]
元手0円で5,000円の副収入を得る方法
私が実際にたいして時間もかけずに、一切の投資なしで
ネットで5,000円を稼いだ方法をお伝えいたします。

もちろん、これを利用すれば1万円、2万円と更に稼ぐことは
それほど難しいことではありません。

この無料レポートでは、ネット初心者の方でもパソコンさえあれば、
ネットで5,000円稼ぐことができる方法を解説しています。
時間にして約1時間ほどいただければ、結構です。

有料の情報商材の内容を無料で提供していますので、
ご興味のある方は、この機会にご請求ください。

*『なべつぐメルマガ【ネット活用ガイド&テクニック】』
独自メールマガジンに自動登録されます。
お名前
メールアドレス
メールアドレス確認
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。