タダの情報を使って有料で販売する:ネットで稼ぐ方法とコツ【アフィリエイト日記ブログ】

タダの情報を使って有料で販売する



おはこんば〜♪
なべつぐです。



今日は、「インターネットで売れる情報」について話します。


この考え方は、情報販売だけでなく、アフィリエイトをする場合にも
頭に置いておきたいことです。


情報販売というと、

「ガンガン売れる商材だけを作りましょう。
売れない商材や売りにくい商材は作るだけ無駄です。」

というのが一般的な考え方となっています。



そして、売れるテーマとは、


 「 金 」 



 「 色 」  



 「 欲 」   



つまり、


● お金を稼ぐことについてのノウハウ


● 能力アップに関するノウハウ


● コンプレックスを解決するノウハウ


これが、売れるテーマとして定着しています。



「売れるか、売れないのか」の目安としては、あなたが作ったその商材を、
「お金を出してまで欲しい人」、「のどから手が出るほど欲しい人」が、

どれくらいいるのかがポイントです。


「売れる情報」を探すことは、容易ではありませんが、大きな値打ちがあります。

そして、探し方ですが、自分(販売者)の視点ではなく、
相手(購入者)の視点に立って探すことが最も大切なことです。


実は、ネットサーファには共通点があります。

彼らはいつも、

「自分をよく見せる」、「よい気分にさせる」、「金儲けのできる」、

「疑問を解決する」、そのようなことに役立つ情報を求めています。


売れる情報に共通しているのは「必要性」です。


もちろん、必要性は人それぞれです。

ですから、情報を求めておよそ考えられる限りのトピックを調査する必要があります。


ただし、どんな情報であれ、求めるものは、「タイムリーで的確なもの」に限ります。


このようにして、ネット上で入手したタダの情報をふんだんに使って、
商品としての情報を創り出し、販売することが可能です。


ただし、可能ではあっても、そんなに容易ではありません。

ネットで販売される情報商材は、「タイムリーで的確な」情報を
完成することが求められるからです。


ネットユーザは、「自分の役立つ」のではと思われる情報商材を好みます。

人々は情報に飢え、情報を必要としているときに、喜んで、いやむしろ積極的にお金を払います。


これは、その情報が「的確でタイムリー」な場合だけです。


ネットでの情報にも、「旬」があります。


「旬」があります。


「旬」があります。


よく「先行者利益」という言葉を聞きますが、これもそういう意味に当てはまります。



ネット社会においては、情報はすぐに飽和しますから、
「タイムリー」に供給することは、非常に重要なことなのです。


なので、いかに「旬」の情報を、迅速に、確実に発信することが大切です。

一方で、「これだけはやってはいけない」法則も存在します。


明日は、情報商品の開発方法についての間違った方法について話します。





情報起業・情報販売

プロフィール

管理人の画像

名前:なべつぐ(渡辺次男)
性別:男性
職業:自営業
一言:メールマガジンの「なべつぐメルマガ【ネット活用ガイド&テクニック】のバックナンバーを中心に掲載しています。

(例:山田)
(例:花子)
mail
確認
なべつぐメルマガ【ネット活用ガイド&テクニック】(←詳細はこちらをクリック)インターネットを活用するためのツボとコツをご紹介します。購読者にはもれなく特典のプレゼントもあります。

ここに200から300文字程度の文章を書く

情報商材レビューサイト【評価・口コミ・暴露・感想・比較・検証】

ここに文章を書く

キーワード

記事検索


WWW を検索
ブログ内を検索
サブコンテンツ
このウィンドウは一度閉じると二度と表示しません。[閉じる]
元手0円で5,000円の副収入を得る方法
私が実際にたいして時間もかけずに、一切の投資なしで
ネットで5,000円を稼いだ方法をお伝えいたします。

もちろん、これを利用すれば1万円、2万円と更に稼ぐことは
それほど難しいことではありません。

この無料レポートでは、ネット初心者の方でもパソコンさえあれば、
ネットで5,000円稼ぐことができる方法を解説しています。
時間にして約1時間ほどいただければ、結構です。

有料の情報商材の内容を無料で提供していますので、
ご興味のある方は、この機会にご請求ください。

*『なべつぐメルマガ【ネット活用ガイド&テクニック】』
独自メールマガジンに自動登録されます。
お名前
メールアドレス
メールアドレス確認
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。