ネットで商品を売るために欠かせないスキル:ネットで稼ぐ方法とコツ【アフィリエイト日記ブログ】

ネットで商品を売るために欠かせないスキル



おはこんば〜♪
なべつぐです。



 アフィリエイトでも情報起業でも、継続的に稼ぎたいなら
 コピーライティングを学びましょう。


 どんなビジネスにしても、定期的に収入を得るためには
 まず第一に、「コピーライティング」を学ぶ必要があります。


 この法則をマスターすれば、売上げが2〜3倍、
 人によっては10倍になったりもすると思います。


 継続的に稼ぎたいならコピーライティングを学びましょう。


 このメールマーケティング法を身につけると同時に
 コピーライティングスキルまで手に入れることができるんです。


 つまり、リストに対する「教育」のためのライティングスキルを
 高めることができるようになっています。


 単にリストを集めただけでは、ただのアドレスにすぎませんが、
 最も効果があるのが、リストに向けてのDRMです。

 「ダイレクトレスポンスマーケティング」なのです。


 ダイレクトレスポンスマーケティングとは、大まかに言えば、


 1.独自配信メルマガを発行する
 2.メルマガ読者を増やす
 3.読者を教育する
 4.商品を売る


 このような流れで展開していきます。


 このときに役に立つのが、「コピーライティングスキル」です。


 特に、「読者を教育する」ためには、絶対に必要なスキルです。



 最近のネット起業家のコピーライティングスキルは、かなり上がってきています。


 3年くらい前でしたら、ただ単に売れているコピーを真似するだけでも
 そこそこ売れる場合もありました。


 しかし、最近では、それでは売れなくなってきたのも事実です。


 では、どうすれば良いのでしょうか?

 
 実は、売れているコピーを真似することで手に入るのは、
 中級レベルまでのコピーライティングです。


 それ以上のスキルを手に入れるためには、コピーのスキルを
 さらにもう1段、高いレベルで手に入れる必要があるのです。


 では、どうすればもう1段、高いレベルでコピーのスキルが手に入るのか?

 
・メールを貰いやすくするテクニックとは?
・読みやすい文章作成の基本とは?
・欲しい人に売る!メルマガで販売するための基本的な考え方とは?
・ダイレクトメールを解除させない方法とは?
・メルマガやメールで商品やサービスを売る最大のコツとは?
・ダイレクトメールの具体的な4つの配信方法とは?
・ダイレクトメールを配信する時の「リスト」の整理法とは?


 これらのスキルが、あなたに身に付きます。


 これは、アフィリエイトでも情報販売でも、
 ネットをつかって商品を売るためには欠かせないスキルです。


 長期的、継続的な収入を望んでいる人であれば、
 このノウハウは絶対に手に入れるべきでしょう。


 情報商材の販売方法やコピーライティングについて
 具体的なノウハウについては、次回お伝えしますので、
 期待してください。





記事・文章作成

プロフィール

管理人の画像

名前:なべつぐ(渡辺次男)
性別:男性
職業:自営業
一言:メールマガジンの「なべつぐメルマガ【ネット活用ガイド&テクニック】のバックナンバーを中心に掲載しています。

(例:山田)
(例:花子)
mail
確認
なべつぐメルマガ【ネット活用ガイド&テクニック】(←詳細はこちらをクリック)インターネットを活用するためのツボとコツをご紹介します。購読者にはもれなく特典のプレゼントもあります。

ここに200から300文字程度の文章を書く

情報商材レビューサイト【評価・口コミ・暴露・感想・比較・検証】

ここに文章を書く

キーワード

記事検索


WWW を検索
ブログ内を検索
サブコンテンツ
このウィンドウは一度閉じると二度と表示しません。[閉じる]
元手0円で5,000円の副収入を得る方法
私が実際にたいして時間もかけずに、一切の投資なしで
ネットで5,000円を稼いだ方法をお伝えいたします。

もちろん、これを利用すれば1万円、2万円と更に稼ぐことは
それほど難しいことではありません。

この無料レポートでは、ネット初心者の方でもパソコンさえあれば、
ネットで5,000円稼ぐことができる方法を解説しています。
時間にして約1時間ほどいただければ、結構です。

有料の情報商材の内容を無料で提供していますので、
ご興味のある方は、この機会にご請求ください。

*『なべつぐメルマガ【ネット活用ガイド&テクニック】』
独自メールマガジンに自動登録されます。
お名前
メールアドレス
メールアドレス確認
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。