アドセンスサイト量産で陥る落とし穴回避:ネットで稼ぐ方法とコツ【アフィリエイト日記ブログ】

アドセンスサイト量産で陥る落とし穴回避



おはこんば〜♪
なべつぐです。



グーグルアドセンスについて、

・サイトやブログへのアクセス数
・広告リンクのクリック率
・広告のクリック単価


アクセス数×クリック率×クリック単価=アドセンス報酬

こんな公式があることをいいました。


この中で、サイト管理者が仕掛けることができるのは、アクセス数
とクリック率を上げるための「仕掛け」です。


グーグルアドセンスは、成功報酬ではなく、クリック報酬なので、
興味のある人を集めることさえできれば、自然にクリックしてもらえます。

そして、それがダイレクトにアドセンス報酬につながります。


グーグル・アドセンスの歩き方
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4478075158/rikigaku0b-22/ref=noism

Googleの全貌
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4822262421/rikigaku0b-22/ref=noism


それだけ、グーグルには、ビジネスチャンスがあるということです。


アドセンスはサイトの作り方ひとつで、収入はまったく変わってきます。


サイトの構成や作り方で、クリック率が変わってくるからです。

極端な話、たとえアクセスが少なくても、クリック率が高ければ十分稼げます。


アドセンス広告をクリックしていただくためには、クリックしてもらえる環境を作る
ということが重要です。


では、サイトの作り方についての大事なポイントを話します。


1.アドセンス広告を貼る場所

訪問者の目につくところに広告が表示されていなければ、クリック率は下
がりますし、どこに広告があるのかわからなければクリックすらされません。


2.ページ全体のイメージ

広告の表示位置だけではなく、ブログ全体の色使いや画像が多過ぎるな
ど、明るく賑やかな自己満足系ブログでは、訪問者が疲れてしまいます。

見やすいサイト作りが大切です。


3.シンプルでコンパクトなサイト

これが訪問者に優しいサイトであれば、自然とアドセンス広告のクリック率
も上がってくるはずです。


4.アドセンスを広告だと思わせない

アドセンス自体をブログ内のコンテンツの一部のように見えていたらどうでしょう。
明らかに広告だとわかるものはクリックしませんが、それが一見そのサイトの
コンテンツのように見えればクリックされます。

アドセンスを広告に見せない工夫をするだけで、クリック率は飛躍的に上がり、
収入も何倍にもなるでしょう。



アドセンスを使ったサイト作りには、こちらが参考になります。

いかにしてアドセンスに効果的なページを組み立てていくのかが分かります。

ペラサイト量産で稼ぎ続けるノウハウ&ペラサイト量産で陥る「落とし穴」回避術
http://mailzou.com/get.php?R=26448&M=4801




アドセンス

プロフィール

管理人の画像

名前:なべつぐ(渡辺次男)
性別:男性
職業:自営業
一言:メールマガジンの「なべつぐメルマガ【ネット活用ガイド&テクニック】のバックナンバーを中心に掲載しています。

(例:山田)
(例:花子)
mail
確認
なべつぐメルマガ【ネット活用ガイド&テクニック】(←詳細はこちらをクリック)インターネットを活用するためのツボとコツをご紹介します。購読者にはもれなく特典のプレゼントもあります。

ここに200から300文字程度の文章を書く

情報商材レビューサイト【評価・口コミ・暴露・感想・比較・検証】

ここに文章を書く

キーワード

記事検索


WWW を検索
ブログ内を検索
サブコンテンツ
このウィンドウは一度閉じると二度と表示しません。[閉じる]
元手0円で5,000円の副収入を得る方法
私が実際にたいして時間もかけずに、一切の投資なしで
ネットで5,000円を稼いだ方法をお伝えいたします。

もちろん、これを利用すれば1万円、2万円と更に稼ぐことは
それほど難しいことではありません。

この無料レポートでは、ネット初心者の方でもパソコンさえあれば、
ネットで5,000円稼ぐことができる方法を解説しています。
時間にして約1時間ほどいただければ、結構です。

有料の情報商材の内容を無料で提供していますので、
ご興味のある方は、この機会にご請求ください。

*『なべつぐメルマガ【ネット活用ガイド&テクニック】』
独自メールマガジンに自動登録されます。
お名前
メールアドレス
メールアドレス確認
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。