アフィリサイト作成で絶対に忘れてはいけないこと:ネットで稼ぐ方法とコツ【アフィリエイト日記ブログ】

アフィリサイト作成で絶対に忘れてはいけないこと



おはこんば〜♪
なべつぐです。



Googleアドセンスは、初心者でもアフィリエイト参入が
可能な方法のひとつです。


https://www.google.com/adsense/


昨年の12月から新年にわたって、再びGoogleの動きが活発になっています。


”毎年恒例のイベント” といってもいいですが、
今までにない「警告メール」が激しく増えていることです。

私の知っている範囲でも、警告メールを受けた人があります。

中には、いきなりのGoogleIDの削除なんて人まで。。。



アドセンスというのは、広告主の希望するサイトに表示される
クリック報酬型の広告です。


広告主は、ユーザーを自サイトにアクセスすることによって
商品の成約につながることを期待しているわけです。


それが、昨今の経済状況や消費停滞を反映して
広告費の見直しも行っていると考えられます。


そこで、アドセンスサイトの点検目的で、警告文を送ってくる
のだと考えられます。


ユーザーにとって好ましくないと判断されたサイトは、
ドメインごと一括停止なんてことも実際に発生しています!


中には、ただキーワードを羅列したサイトや、自動生成ツールで
作ったサイト、そして、無料記事をコピペしたサイトなど、


明らかにユーザーの立場に立った作り方をしていないサイトも
増えてきているのも要因のひとつです。


単にアドセンスのクリックを誘導するために作られたサイト

これらは論外ですが、あまりにもクリック率を高めようとするあまり、
規約に反しているケースも多くなっています。


それらを防ぐために、Googleの警告文によって広告費の削減
につなげたいという意志の現れだと思います。


広告費の削減の背景には、昨今の経済状況があるわけですが、
これは、大きなチャンスでもあります。


Googleからの警告によって、意味のない、役に立たないサイトは
アドセンスが外されます。

逆にいえば、質のいい中身のあるサイトだけが生き残る
ということです。


つまり、サイトはコンテンツが大切で、ユーザーに有益な広告主からも
期待されるサイト作りが重要だということです。

ユーザーの視点とともに、「広告主の希望」に応えられるサイト作りを
していくことが求められているということになります。


なので、しっかりしたコンテンツのあるサイト作りをしていれば、
Googleからの警告を受けるどころか、広告主にも好評かを受けることが
可能になります。


アドセンスで稼ぐノウハウはいろいろ出ていますが、
共通していえることは、「人のためになるコンテンツ」を載せていくことです。


そのためには、アドセンスサイト作りの基礎・基本をきちんと学ぶ必要があります。

アドセンスは、今、こんな状況だからこそ大きなチャンスです。


次回は、Googleアドセンスから警告への具体的な対策を話します。




アドセンス

プロフィール

管理人の画像

名前:なべつぐ(渡辺次男)
性別:男性
職業:自営業
一言:メールマガジンの「なべつぐメルマガ【ネット活用ガイド&テクニック】のバックナンバーを中心に掲載しています。

(例:山田)
(例:花子)
mail
確認
なべつぐメルマガ【ネット活用ガイド&テクニック】(←詳細はこちらをクリック)インターネットを活用するためのツボとコツをご紹介します。購読者にはもれなく特典のプレゼントもあります。

ここに200から300文字程度の文章を書く

情報商材レビューサイト【評価・口コミ・暴露・感想・比較・検証】

ここに文章を書く

キーワード

記事検索


WWW を検索
ブログ内を検索
サブコンテンツ
このウィンドウは一度閉じると二度と表示しません。[閉じる]
元手0円で5,000円の副収入を得る方法
私が実際にたいして時間もかけずに、一切の投資なしで
ネットで5,000円を稼いだ方法をお伝えいたします。

もちろん、これを利用すれば1万円、2万円と更に稼ぐことは
それほど難しいことではありません。

この無料レポートでは、ネット初心者の方でもパソコンさえあれば、
ネットで5,000円稼ぐことができる方法を解説しています。
時間にして約1時間ほどいただければ、結構です。

有料の情報商材の内容を無料で提供していますので、
ご興味のある方は、この機会にご請求ください。

*『なべつぐメルマガ【ネット活用ガイド&テクニック】』
独自メールマガジンに自動登録されます。
お名前
メールアドレス
メールアドレス確認
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。